別冊太陽
仙〔ガイ〕 - ユーモアあふれる禅のこころ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4変判/ページ数 151p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784582922431
  • NDC分類 721.7
  • Cコード C9471

出版社内容情報

ユーモア溢れる作品を残した江戸時代の禅僧で画家の仙?。○△□や円相図、心がほっこりする作品まで、仙?の魅力を1冊に凝縮!

中山 喜一朗[ナカヤマ キイチロウ]
福岡市美術館副館長

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

keroppi

75
江戸時代の禅僧・仙厓。禅を分かりやすく説くために絵を描いたらしいが、その絵の可愛らしく伸び伸びとしていること。ヘタウマにも見えて、こういう絵だったら自分でも描けそうな気もしてくるが、筆を持ったらこうは描けないのだろう。簡単に見えて奥が深そうで、仙厓の絵が好きだ。2022/05/01

アオイトリ

19
展覧会)出光美術館で初見。幼子への慈しみ深い視線、くすりと心が解けるおかしみ。少ない自然な筆致で、とても多くのことを伝えてくれる素晴らしい水墨画でした。禅宗、顕教、密教、神道、儒教、中国の思想まで研究し「栄西の再来」とまで言われた仙厓さん。老年は市井の人と交わりながら自由に人生を謳歌した生き様は老子の「道」に通じる何かを思わせます。コロナが落ち着いてきた今、まずは永青文庫で再会したいです。2022/05/04

nbhd

19
若冲も良いし、暁斎もたいへんステキだけど、仙厓さんも捨て置けない。っていうか、恥ずかしながら、最近知りました。なんというか、へっぽこぴー具合がたまらない。脱力しすぎて、肩を脱臼しちゃってるようなかんじだ。しりあがり寿とか、つの丸の、脱臼描法の始祖にあたるのではないかとおもわれる。あの鈴木大拙先生も仙厓さんを私淑していたらしく、”sengai the master”などという文章を書いていたとこの本にあるので、そちらも読んでみたい。へっぽこぴーへっぽこぴー。2017/03/29

たー

9
海賊と呼ばれた男を読んで気になったので。元祖ヘタウマ!?ユーモラスだけど奥が深い?いつか出光美術館行かねば。2019/02/15

9
もちゃっとしたカエルとか無邪気な子どもとかおおらかな線とか見てるだけで楽しい。代表作は○△□の額なのだそうで。見開き使った解説の結びが「この絵だけで一晩呑める。つまみはおでんがいい。丸い大根、三角のこんにゃく、四角いはんぺん」…いやそうかもしれないけど、解説の方も困ってるのかなと少し。2016/12/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11124604

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。