平凡社新書<br> 後期高齢者医療制度―高齢者からはじまる社会保障の崩壊

個数:

平凡社新書
後期高齢者医療制度―高齢者からはじまる社会保障の崩壊

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年08月20日 12時19分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 254p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784582854374
  • NDC分類 498.13
  • Cコード C0236

内容説明

二〇〇八年四月からはじまった後期高齢者医療制度。スタートから大きな混乱をもたらしたが、何よりも批判の的となっているのがその内容だ。保険料負担は増える一方、弱者切り捨ての医療の制限が行われつつある。そしてこの制度は現役世代にも決して無関係ではない。世界でも類を見ない制度の本質を明らかにし、医療・社会保障制度の課題を展望する。

目次

序章 悲鳴続出!後期高齢者医療制度
第1章 高齢者医療制度の仕組み
第2章 高齢者医療制度はなぜ導入されたのか
第3章 後期高齢者医療制度のここが問題1―増える負担
第4章 後期高齢者医療制度のここが問題2―制限される医療
第5章 支援金負担とメタボ健診―高齢者だけの問題ではない
第6章 後期高齢者医療制度と社会保障のゆくえ

著者等紹介

伊藤周平[イトウシュウヘイ]
1960年山口県生まれ。鹿児島大学法科大学院教授。労働省(現厚生労働省)、社会保障研究所(現国立社会保障・人口問題研究所)を経て、東京大学大学院修了。全国の法科大学院でも珍しい社会保障法専攻の専任教員。介護保険法をはじめ日本の社会保障に関する具体的な法研究にとりくみ、政策や社会保障に強い法律家の育成に力をいれている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。