平凡社新書
生きるのがつらい。―「一億総うつ時代」の心理学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 230p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784582852981
  • NDC分類 146

内容説明

この国の年間自殺者はもう何年も三万人を超えている。誰もが自分は「軽うつ」ではないかと疑いはじめている。この時代には確かに、私たちの生きる意欲を奪う何かがある。生きるのがつらい。もう、前向きになんか生きられない。そんな閉塞感が漂う世の中で、自分の苦しみにうまく対処し、身近な人と支えあいながら生きていくには、どうすればいいのか。反ポジティブシンキングの思想で語る、「一億総うつ時代」の心の処方箋。

目次

第1章 みんなつらさを抱えて生きている
第2章 つらさをつらさとして受けとめる
第3章 弱音を吐くのも生きる技術
第4章 ありのままの“今の自分”を受け入れる
第5章 身近な人がつらいとき
第6章 「助けあい、弱音を吐きあう関係づくり」の大切さ

著者紹介

諸富祥彦[モロトミヨシヒコ]
1963年福岡県生まれ。筑波大学卒業。同大学大学院博士課程修了。明治大学文学部助教授。教育学博士。臨床心理士。日本トランスパーソナル学会会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)