平凡社新書
ぎりぎり合格への論文マニュアル

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 211p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784582851038
  • NDC分類 816.5
  • Cコード C0200

内容説明

論文に「独創的な考え」や「オリジナリティ」など必要ない。必要なのは、論文という「形式」にしたがって書くことだけ。本書は、卒論や小論文試験に最小限の努力で合格したいという、そんな「要領のいい人」のための実践指南である。

目次

第1章 論文は楽しい
第2章 論文の基礎知識
第3章 論文を書く段取り
第4章 論文を書いている間の作業
第5章 論文の仕上げ
第6章 論文執筆あれこれ

著者等紹介

山内志朗[ヤマウチシロウ]
1957年山形県生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得。新潟大学人文学部教授。専門は中世哲学。専門のスコラ学だけではなく、現代思想、現代社会論、コミュニケーション論、身体論、修験道、ミイラなどについて研究し、さまざまなメディアで執筆活動をしている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

オリジナリティなどいっさい不要。苦手な論文試験を最小限の努力で合格するためのコツを惜しまず公開。ぎりぎりでの合格を目指す人のための画期的かつ究極の論文指南書。 「論文の書き方」は、類書が星の数ほどありますが、この「論文マニュアル」は、 良い論文を書こうとすることこそが論文執筆のつまずきの石だと主張しているという点で画期的なものです。論文とは、まずは形式であると筆者は言います。そのため、この本では、知っていそうで実は知らない論文の形式の基礎を懇切丁寧 に解説しています。ここで披露されている形式さえ守って論文を書けば、不合格にはできないぎりぎりの線は確保できます。
 ただ、この点ばかりを本書の特徴として強調しすぎると、ひじょうに単純なマニュアルのように聞こえてしまいますが、何度も論文で失敗したことがあるという筆者の書き振りは、体験に基づくひじょうにおもしろいエッセイでもあり、読み進めば進むほど論文執筆の深みも見えてくるという、絶妙なバランスの「論文作法」 に仕上がっています。本書はマニュアルの振りをしていますが、実は良質な「学問のすすめ」でもあります。
 本書を一読すれば、合格のためのテクニックが分かるだけではなく、論文を書き 続けるための元気が出てきます。この本は、小論文やレポート、あるいは卒業論 文を最小限の努力でパスしたいという「要領の良い」ひじょうに多くの人々のお 役にたつことでしょう。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件