読むという生き方

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 208p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784582831979
  • NDC分類 019.04
  • Cコード C0095

内容説明

大切な本たちとの出会い、故藤田省三ら、後にその精神と思考の相続を願った人々との出会い―遭遇という「始まり」に絶えず立ちもどり、過去と現在を往復しつつ、困難な時代に歴史的・精神史的経験の継承を促す、ある戦後思想史叙述の試み。

目次

1 読むという生き方(偶然性の活用;様々な力の場;遭遇について;対話形式の経験;再開するために;断章選)
2 読むという試み(現代をめぐる断片;異質な文化への繋留;都市社会の暗い注釈者たち;バフチン『小説の言葉』をめぐって;クラストル『国家に抗する社会』を読むために;覚書―『国家に抗する社会』の一側面;手すりなき思考;読書会の時間;付『みすず』読書アンケート抄(一九九〇~二〇〇二年))
藤田省三という「始まり」

著者等紹介

市村弘正[イチムラヒロマサ]
思想史研究者。大学および大学院で思想史と社会哲学を学ぶ。思想文化の諸領域を横断しながら、社会と精神の変質の解読に専念している。現在、法政大学法学部教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

やま

0
72年に生まれた者として、戦後から70年代までの知の状況がある意味羨ましかったが、その時代の熱さのようなものが伝わってきた。2009/06/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/175459

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。