登山史の森へ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 398p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784582831139
  • NDC分類 786.1
  • Cコード C0075

内容説明

詩人クライマー遠藤甲太が綴る登山の精神史。埋もれた記録を掘り起こし、山へ向かう人々の心奥、登山哲学の森にさまよう。流麗軽快な筆致で説き明かす、秘められた登山行為の内実。

目次

1 登山史の落としもの(落としもの袋;カモシカ山行の由来;パンとおソバと山と;愛すべき山の犬たち;上空から見た登山者 ほか)
2 山と人間(アウトサイダーの系譜;クライマーとしてのW.ウェストン;アルピニスト松涛明再考;失われた記録―立田実の生涯;人間・小西政継 ほか)

著者等紹介

遠藤甲太[エンドウコウタ]
1948年生まれ。詩人・エッセイスト。12歳のときに詩作と登山・岩登りを始め、谷川岳一ノ倉沢ルンゼ状スラブ冬季初登攀、一ノ倉沢αルンゼ冬季単独初登攀、カラコルム・ラトック1峰初登頂などの記録をもつほか、海谷山塊、雨飾山、明星山など未開の岩場の開拓に取り組んだ
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Tadashi Totsuka

0
アルピニストで詩人・エッセイストの遠藤甲太氏の日本の登山史を書いた本です。 壮絶なる死。とにかく涙がとまらなくなったのが松濤明さんの死でした。 松濤明の壮絶なる死。 1949年1月6日のこと。 1月5日、松濤明と盟友有元克己が槍ヶ岳独標を越えたところで有元が滑落、登り返す力なく、松濤もともに千丈沢に下る。 1月6日、松濤の手帳の日記。 全身硬ッテ力ナシ。何トカ湯俣迄ト思フモ有元ヲ捨テル二シノビズ、死ヲケッス。オカアサン アナタノヤサシサ二 タダカンシヤ。一アシ先二オトウサンノ 所へ行キマス。2013/10/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2488746

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。