新国立競技場、何が問題か―オリンピックの17日間と神宮の杜の100年

個数:

新国立競技場、何が問題か―オリンピックの17日間と神宮の杜の100年

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年05月13日 18時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 198p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784582824711
  • NDC分類 780.67
  • Cコード C0036

出版社内容情報

東京屈指を誇る外苑の、歴史的景観、市民の憩いの場は守られるのか。建築界・市民社会に大きな問題を投げかけた、槇文彦のエッセイ、それを論じたシンポジウムの全貌、論考を掲載。

内容説明

歴史ある神宮外苑に、巨大施設は必要なのか。新国立競技場が粗大ゴミにならないためには何をするべきかを考える。

目次

1 プロローグ―10・11 神宮の杜で
2 新国立競技場案を神宮外苑の歴史的文脈の中で考える
3 ひとつの建築を通して、何が問われているのか―シンポジウム 新国立競技場案を神宮外苑の歴史的文脈の中で考える(問題の根本はプログラムにある;明治神宮と外苑はいかにつくられたか;環境倫理学から街づくりへ;歴史との対話から都市を計画する;いい街づくりには何が必要か;今後の展開とメディアの役割)
4 “市民の目”が景観をつくる―アムステルダムから
5 何が問題か、どうすべきか(新国立競技場は、神宮外苑とオリンピックの歴史を踏まえるべき;今、私たちの見識と想像力が試されている;東京のランドスケープ・ダイバーシティをめざせ;市民の立場から国立競技場を考える―国立競技場のユーザークライアントとして;ロンドンオリンピック施設計画・設計の事例に触れて―問題を機に日本の建築まちづくりの仕組みを変える)

著者等紹介

槇文彦[マキフミヒコ]
1928年東京生まれ。建築家、槙総合計画事務所代表。東京大学工学部建築学科卒業、ハーバード大学デザイン学部修士修了。主な作品に、ヒルサイドテラス、スパイラル、幕張メッセ、風の丘葬斎場、MITメディアラボ、4WTC(ニューヨーク)など。日本建築学会賞、プリツカー賞、AIAゴールドメダルなどを受賞

大野秀敏[オオノヒデトシ]
1949年岐阜県生まれ。建築家、東京大学大学院教授(新領域創成科学研究科社会文化環境学専攻)、博士(工学)。主な作品に、NBK関工園事務棟・ホール棟、YKK滑川寮、フロイデ彦島、東京大学数物連携宇宙研究機構棟など。日本建築学会賞、日本建築家協会新人賞、BCS賞、ベルカ賞などを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件