平凡社ライブラリー<br> 藤田省三セレクション

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

平凡社ライブラリー
藤田省三セレクション

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 文庫判/ページ数 437p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784582767018
  • NDC分類 081.6
  • Cコード C0331

内容説明

天皇制に関する鮮やかな政治思想史の仕事からエッセイ「維新の精神」の強度への飛躍、『精神史的考察』に結晶する方法的転回、そして『全体主義の時代経験』の苦闘に至る。「戦後精神」の最終走者を自認した思想家は、曲折するその思想的軌跡のなか、どんな時代の危機をどんな深度で考え抜いていたのか。代表的論文を市村弘正「藤田省三を読むために」とともに読む。

目次

1(天皇制国家の支配原理 序章;理論人の形成―転向論前史;「プロレタリア民主主義」の原型―レーニンの思想構造)
2(維新の精神;日本社会における異端の「原型」;或る生の姿、或は範疇の混同―アイン・レーベンスビルト;情熱的懐疑家;糟粕論;五人の都市;雄弁と勘定;「飢譜」讃―主義とは何かについての徹底的考察)
3(或る喪失の経験―隠れん坊の精神史;松陰の精神史的意味に関する一考察―或る「吉田松陰文集」の書目撰定理由;或る歴史的変質の時代)
4(精神の非常時;今日の経験―阻む力の中にあって;「安楽」への全体主義―充実を取り戻すべく;『全体主義の時代経験』序)

著者等紹介

藤田省三[フジタショウゾウ]
1927年生まれ。東京大学法学部卒業。1971年、法政大学法学部教授を依願退職。1980年、法政大学法学部教授に復帰、93年定年退職。2003年没

市村弘正[イチムラヒロマサ]
1945年生まれ。現在、法政大学教授。思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

この社会と時代が強いる課題に最も敏感に反応し、大胆に方法的な変貌を遂げていった思想家・藤田省三。代表的論文によりその「戦後精神」の軌跡をたどる。市村弘正の力作解説50枚。