産経セレクト<br> 歴史戦―朝日新聞が世界にまいた「慰安婦」の嘘を討つ

個数:
電子版価格 ¥1,012
  • 電書あり

産経セレクト
歴史戦―朝日新聞が世界にまいた「慰安婦」の嘘を討つ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月27日 09時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 267p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784819112536
  • NDC分類 210.75
  • Cコード C0095

内容説明

朝日新聞、中国・韓国と日本はどう戦うか。慰安婦問題の全てがわかる。

目次

序章 日本の歴史を取り戻す戦い
第1章 朝日「慰安婦」報道が犯した罪
第2章 朝日「検証」の欺瞞と波紋
第3章 河野談話の罪と外交の無力
第4章 「慰安婦20万人」拡散の原点
第5章 韓国でみた「慰安婦」の実相
第6章 「反日」に利用される国連
第7章 「主戦場」は米国、「主敵」は中国

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

mazda

30
吉田清治は人生そのものがどうも胡散臭く、慰安婦関連の出版物が売れたときには「これで生活が楽になる」と言ったとか言わないとか…。金さえ入れば事実なんてどうでもいいという彼の「嘘」に飛びついて、火をつけたのが「朝日新聞」。吉田証言と朝日の記事を世界にばらまいたのが河野太郎という、これら一連のクズにより貶められている日本のことが書かれています。上記テロリストには外患誘致罪、内乱罪など適当かと思われますが、いかがなものでしょう?本書はまさに正しい歴史を取り戻すための「戦争」であり、屈することなく行きたいものです。2015/05/14

ZEPPELIN

8
産経の執念が感じられる一冊。慰安婦の問題に関して、中韓の虚言癖と暴走にも腹は立つけれど、それ以上に不快なのが日本人。朝日新聞・吉田清治・河野洋平の三点セットに加えて、「sex slave」という言葉を生み出した戸塚悦郎、そして問題を大きくしたくないからと反論をしてこなかった歴代の政府関係者たち。日本軍が連行したのではなく、親に売られた、もしくは高給取りの売春婦だったのだと証拠を示して対外的に発表する必要があるし、無関心な日本国民もこの話題に詳しくならないといけない。謂われなき罪を日本が負う必要は全くなし2015/07/30

mami

5
そもそも吉田清治とは何者か、という疑問が湧いてきた。出自が明確になれば見えてくる真実がありそうな...。それにしたって朝日新聞はひどい。自国を貶めて何の得があるというのだろう。産経には是非手を緩めずにこの問題に立ち向かって頂きたい。2015/02/27

こっこ

4
★★★★☆ 産経新聞に連載されていた連載物に加筆修正だそうである。コンパクトにまとまっていて無駄がなく読みやすい。この一冊で「国内リベラル」と「中韓」が(マッチポンプの如く)連携し、戦後一貫して日本の尊厳を貶め、卑しめてきたかの概要が理解できる。ただ高山正之氏によると米国辺りも実は一枚絡んでいるらしいが。内容とは直接関係ないが、西暦と元号の混在及び年月表記の不統一は目障りだった。巻末の資料は大変良かった。河野談話や桑田真澄報告書を直接読むことが出来る。2016/10/25

モンドノスケ

4
実に深刻な状況にあると思う。同じ日本人の中にも日本を貶めようとする勢力があること、それらに対して措置を起こさなかった。最早既成事実化されてしまっている。これを覆すためには相当なエネルギーが必要となるし、苦難の道を乗り越える為には、一人ひとりの歴史の理解からスタートするのだと思う。2014/11/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8326699

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。