宗教と現代がわかる本〈2012〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 333p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784582702927
  • NDC分類 160.4
  • Cコード C0014

こちらの商品には新版があります。

内容説明

大震災・原発事故から1年。日本人の生き方は、どう変わるのか。

目次

特集 大震災後の日本人の生き方(震災と向き合う宗教;阪神淡路大震災から東日本大震災へ ほか)
テーマ(イスラームと民主主義;ファッション誌から見るイスラーム教徒の女性たち ほか)
レポート(核という呪い;フランスの原発 脱「原子力信仰」のきざし ほか)
人物評伝(賀川豊彦、キョウドウの力;摂受心院・伊藤友司、礎としての人生)
2011年データ集(2011年国内ニュース・海外ニュース;気になる人物の発言集・2011年の物故者 ほか)

著者紹介

渡邊直樹[ワタナベナオキ]
編集者、大正大学表現学部教授。東京大学文学部宗教学科卒業後、平凡社で「太陽」を編集。その後、「SPA!」(扶桑社)、「週刊アスキー」(アスキー)などを創刊、編集長を務める。Webコンテンツの制作を手がけた後に「婦人公論」(中央公論新社)、「をちこち」(国際交流基金)編集長なども歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)