都市を翔ける女―二十世紀ファッション周遊

都市を翔ける女―二十世紀ファッション周遊

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 310p/高さ 22X16cm
  • 商品コード 9784582620115
  • NDC分類 383.1
  • Cコード C0077

内容説明

ファッションは時代の夢を映す鏡。コルセットを脱いで街に飛びだした女たちの《ファッション》は、美術・演劇・映画・写真…あらゆる都市空間で自由の翼を広げてゆく。世紀末から世紀末まで、ディケイドで語るファッションの魅力。

目次

序 モードの記号学のために
第1章 ファッション周遊(ベル・エポック;1920年代;1930年代;1940年代;1950年代;1960年代;1970・80年代)
第2章 『ヴォーグ』の神話
第3章 ファッション写真の文化史

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

almondeyed

0
第一章は世紀末から20世紀を10年ごとに分けて、当時主流であったファッションを紹介。第二章は雑誌ヴォーグの歴史とともに時代がファッションをどう変えていったかを紹介。第三章はファッション写真を撮った写真家を時代を追いながら紹介。この本で紹介されていた、19世紀はじめのスラっとしたアンピール(エンパイア)・スタイルって、以前見た、同時期に描かれた妖精画のコスチュームがそんな感じだったよな。なるほどね~2012/09/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/758517
  • ご注意事項