小児科医ドクター・ストウ伝―日系二世・原水爆・がん治療

個数:

小児科医ドクター・ストウ伝―日系二世・原水爆・がん治療

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 286p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784582513332
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0023

内容説明

取材から12年余―。日系二世の小児科医69年の生涯がいま初めて、見えてきた!

目次

序章 ドクター・ストウを知っていますか
第1章 ルーツ
第2章 苦学と日米開戦
第3章 広島へ
第4章 傷痕
第5章 ヒューストン
第6章 マーシャル諸島
第7章 懸け橋
終章 遺産
特別寄稿『小児科医ドクター・ストウ伝―日系二世・原水爆・がん治療』を読んで(日野原重明)

著者紹介

長澤克治[ナガサワカツジ]
1960年静岡県沼津市生まれ。共同通信社記者。83年、筑波大学第二学群比較文化学類卒業後、共同通信社入社。広島支局、水戸支局、名古屋支社を経て社会部で警視庁捜査2課、4課を担当。93~96年、広島支局で“被爆半世紀”を取材。2003~04年、名古屋支社編集部デスクとして“ビキニ事件半世紀”を取材。04~05年に広島支局デスク、“被爆60年”を取材。その後、警視庁キャップ、千葉支局長、科学部長、編集委員などを経て、15年7月から名古屋支社次長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

核時代のただ中で、日系二世としての葛藤を抱えつつ米国人医師として活躍し、小児がん化学療法の開発に貢献した偉人の生涯を辿る。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件