小児科医ドクター・ストウ伝―日系二世・原水爆・がん治療

個数:
  • ポイントキャンペーン

小児科医ドクター・ストウ伝―日系二世・原水爆・がん治療

  • 長澤 克治【著】
  • 価格 ¥2,160(本体¥2,000)
  • 平凡社(2015/11発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 40pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 06時51分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 286p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784582513332
  • NDC分類 289.1

内容説明

取材から12年余―。日系二世の小児科医69年の生涯がいま初めて、見えてきた!

目次

序章 ドクター・ストウを知っていますか
第1章 ルーツ
第2章 苦学と日米開戦
第3章 広島へ
第4章 傷痕
第5章 ヒューストン
第6章 マーシャル諸島
第7章 懸け橋
終章 遺産
特別寄稿『小児科医ドクター・ストウ伝―日系二世・原水爆・がん治療』を読んで(日野原重明)

著者紹介

長澤克治[ナガサワカツジ]
1960年静岡県沼津市生まれ。共同通信社記者。83年、筑波大学第二学群比較文化学類卒業後、共同通信社入社。広島支局、水戸支局、名古屋支社を経て社会部で警視庁捜査2課、4課を担当。93~96年、広島支局で“被爆半世紀”を取材。2003~04年、名古屋支社編集部デスクとして“ビキニ事件半世紀”を取材。04~05年に広島支局デスク、“被爆60年”を取材。その後、警視庁キャップ、千葉支局長、科学部長、編集委員などを経て、15年7月から名古屋支社次長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

核時代のただ中で、日系二世としての葛藤を抱えつつ米国人医師として活躍し、小児がん化学療法の開発に貢献した偉人の生涯を辿る。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件