日本遊戯思想史

個数:

日本遊戯思想史

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 310,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784582468175
  • NDC分類 384.8
  • Cコード C0039

内容説明

人はなぜ遊ぶのか。古代から現代まで、遊びにこめられた感じ方、考え方をひもといて、日本人の遊戯観をあきらかにする。

目次

第1章 古代の遊び
第2章 中世の遊び(一)
第3章 中世の遊び(二)
第4章 近世の遊び
第5章 近代の遊び(一)
第6章 近代の遊び(二)
第7章 現代の遊び(一)
第8章 現代の遊び(二)

著者等紹介

増川宏一[マスカワコウイチ]
1930年長崎市に生まれる。旧制甲南高等学校卒業。以来、将棋史および盤上遊戯史を研究。大英博物館リーディングルーム・メンバー、国際チェス史研究グループ会員、チェス史研究支援財団名誉会員、チェス・コレクターズ・インターナショナル会員、遊戯史学会会長、日本将棋連盟将棋歴史文化アドバイザー。第17回将棋ペンクラブ大賞特別賞、第21回大山康晴賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

日本の古代から現代にいたる遊戯の変遷をとおして、各時代を生きた人々の遊びにこめた歓び、意識や考え方を捉える初の思想史。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件