家康、真骨頂―「狸おやじ」のすすめ

個数:

家康、真骨頂―「狸おやじ」のすすめ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月21日 06時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 246p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784582468168
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0021

内容説明

家康には長い間、貼られてきたレッテルがある。曰く、暴君、腹黒、狡猾、強欲、そして頑固…。ホントにそうだったのか!?家康没後4百年を機に、その実像に迫る。そして、「家康的リーダーよ、今こそ出でよ」と説く。

目次

第1章 暴君(「暴君」家康説はどこから?;日本近海にある金銀島探検 ほか)
第2章 腹黒(家康の真っ黒で地味な甲胄;大黒頭巾形兜は悪の象徴? ほか)
第3章 狡猾(「ぼろぼろの古兜」の持ち主は?;島左近唯一の遺品が残る ほか)
第4章 強欲(「金の生る木」とは何か;家康墓の隣に伸びる杉の大木 ほか)
第5章 頑固(「頑固」と名指ししたのは和辻哲郎;「鎖国」は悲劇の元凶だった ほか)

著者紹介

小林一哉[コバヤシカズヤ]
1954年静岡県生まれ。1978年早稲田大学政治経済学部卒業後、静岡新聞社入社。政治部、文化部記者などを経て、2008年退社。現在、久能山東照宮博物館副館長、雑誌「静岡人」編集長などを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

暴君、腹黒、狡猾……徳川家康に貼られたレッテルだ。その由来と実像を検証した異色の家康論。「家康的リーダーよ、出でよ」と説く。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件