家康公の時計―四百年を越えた奇跡

個数:
  • ポイントキャンペーン

家康公の時計―四百年を越えた奇跡

  • 落合 偉洲【著】
  • 価格 ¥1,728(本体¥1,600)
  • 平凡社(2013/07発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 32pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月09日 10時53分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 251p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784582468151
  • NDC分類 210.52

内容説明

日本最古の西洋時計をめぐる、西欧列強と日本の驚くべき交流史。

目次

1 四百年前の外交史を語る証拠
2 「国宝」としての価値とは?
3 エバロの時計はスペイン国宝
4 大英博物館との交渉始まる
5 国宝の“夢”、砕かれる
6 英国と日本の深い関係
7 国宝指定を目指して
8 大英博物館の扉が開く
9 大英博物館による調査
10 時計に秘められた歴史の謎
11 「家康公の時計」を国宝に

著者紹介

落合偉洲[オチアイヒデクニ]
久能山東照宮宮司、久能山東照宮博物館館長。昭和22年(1947)宮崎県生まれ。カソリック系の日向学院から國學院大學、國學院大學大学院を経て神社本庁で総務部長、渉外部長などを歴任した。平成14年(2002)3月から現職。全国国宝重要文化財所有者連盟理事長を務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

徳川家康の遺品である、世界的に希少・貴重な日本最古の時計。それが渡来した江戸初期の日本と西欧諸国の交流から見えてくる、知られざる「国際人・徳川家康」の姿を描き出す。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件