• ポイントキャンペーン

文研じゅべにーる
龍神様の銀のしずく

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 175p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784580815919
  • NDC分類 K913

内容説明

最近、潤の成績は下がりっぱなし。潤は、得意の短距離走やサッカーでも転校生の浩にやぶれ、なにもかもスランプ状態。そのうえ、母さんは、親友にすすめられてお見いをしていたという。潤は、ますます落ちこんでしまう。そんなある日、潤は、亡き父のふるさと・長野県の里美村で山村留学生を募集していることを知った。大好きだった父に少しでも近づけるのではないかと、潤は山村留学を決意する。里美村で、潤は父を知る人々から…。父の足跡をたどることで、里美村の人々とより深い交流ができ、日々、たくましく成長してゆく少年の姿をえがいた作品。小学5年生以上。

著者紹介

熊谷千世子[クマガイチセコ]
1957年、長野県に生まれる。15年の教師生活の後、児童文学を書き始める。「つくしんぼ」同人、信州児童文学会会員、日本児童文芸家協会会員、日本児童文学者協会会員。『おにぎりの詩』で、第4回椋鳩十記念伊那谷童話大賞受賞。『しあわせのしっぽ』で、第6回盲導犬サーブ記念文学賞大賞受賞

小林葉子[コバヤシヨウコ]
長野県に生まれる。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業後、印刷会社勤務をへて画家となる。親子で読みあう雑誌「とうげの旗」にて、表紙・さし絵などを発表中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)