子どもは子どもを生きています

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 75p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784577813522
  • NDC分類 748
  • Cコード C0072

著者等紹介

小西貴士[コニシタカシ]
1974年京都府生まれ。公益財団法人キープ協会所属。森の案内人であり、写真家。広く保育や子育てを応援するため、全国各地でスライドショウや写真展を開催する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Naomi

18
森のようちえん仲間、一押しの写真集。子どもたちの笑顔は弾けるよう!ぶつかってもいいよね。泣いたっていいよね。どろんこだって、雪まみれだって、「子どもは子どもを生きています」子どもの生きている世界、輝いています☆2016/09/14

たいよう

10
「楽しい、悲しい、うれしい、欲しい」こんなに素直に表現できて、ほんとに「子どもを生きています」って感じ。写真も文章も、著者が子どもたちに寄り添っている姿が想像できました。やっぱり子どもは、ネットの知識でなく、たくさんのことを自分で体験して育って欲しいなあと思います。元気をもらえる良い本でした。2016/01/06

たっきー

8
大人が汚い!危ない!と止めたくなるようなことをしているときほど子どもの目がキラキラ輝き、無駄にも思えることに集中していたりする。子どもだからこその表情がたくさん収められていて、単純にいいなと感じた。ある程度のことは寛容に受け止めたいけど、カエルとキスするのはさすがにやめてー!とストップかけちゃうな。2015/01/14

ykazmah

7
表紙が素敵で手にとってページをめくると…うーん、たまらない… 笑えて泣けて、また笑えて泣けて… 子どもでいられる限られた時間を、大人は傍らでそっと見守る存在でありたい。言うのは簡単だけれど… 子どもの成長を急かしたくなったらこの本を開こう、そして大切なことを思い出そう、そう思いました。2017/06/11

書の旅人

6
「おおッ!」書店で見つけた瞬間、つい声が出てしまい、誤魔化す様に咳払い!嬉しくて全身が小躍りしそうになるのを必至で我慢しながら、書棚から抜き取る…。はは、ちょいと震えてやんの。でも、それくらい嬉しかったのさ。また子どもたちの天真爛漫な顔を見られるのだから。笑って、泣いて、怒って、驚いて…。みんな、いい顔をしてる。今だけ…、この時だけかもしれないけれど、自然の中で多くのことを学んだ子どもたちは、きっと大人になっても、ひと味違う大人になっているだろう。2015/11/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7443323

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。