ぼく お父さん

個数:

ぼく お父さん

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月05日 21時57分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 36p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784577048535
  • NDC分類 726.5
  • Cコード C0791

内容説明

生きている間は、わかりあえなかったお父さんがある日、ゆうこのところにやってきた。ぼくはねこになってゆうこといっしょに生きたい。発達障がいの作者が、作業所に出入りするねこに、亡くなったお父さんを重ね合わせ、父への思いを綴った絵本。

著者等紹介

周藤優子[ストウユウコ]
1972年生まれ。1993年、兵庫県姫路市の短大を卒業。いくつか一般職につくが、長く続かず、周囲の人の言動を理解できなかったり、自分の言動を理解してもらえなかったりなど、コミュニケーションがうまくとれず悩んでいた。2000年、母にすすめられて病院で検査を受け、統合失調症と診断される。2007年、父の死を経て、2012年、サポートセンターどりーむのアート活動に参加するようになる。2015年、島根大学医学部附属病院で検査を受け、発達障がいとわかる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

生きている間は、わかりあえなかったお父さんが、ある日、ねこの姿になって、ゆうこのところにやってきた---
 ぼくは ねこになって ゆうこと いっしょに 生きたい
発達障がいの作者が、作業所に出入りするねこに、亡くなったお父さんを重ね合わせ、父への思いを綴った絵本。
巻末にNPO法人サポートセンターどりーむの活動とアーティストたちの紹介。