みんなが元気になるたのしい!アクティブ・ラーニング〈2〉アクティブ・ラーニングで、授業がぐんとたのしくなる―自ら進んで対話してより深く学ぼう!

個数:

みんなが元気になるたのしい!アクティブ・ラーニング〈2〉アクティブ・ラーニングで、授業がぐんとたのしくなる―自ら進んで対話してより深く学ぼう!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月28日 10時49分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 31p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784577045565
  • NDC分類 K002
  • Cコード C8337

目次

1 アクティブ・ラーニングのポイント
2 大学・高校のアクティブ・ラーニング―プラスワン バブル崩壊の影響
3 アクティブ・ラーニングの方法―プラスワン アメリカ生まれの学習法
4 アクティブ・ラーニングはどこでもできる
もっとくわしく!アクティブ・ラーニングの評価方法は?
ある実践「ICTの活用で情報活用能力を高める」プラスワン ジグソー学習
ある実践「エゾタンポポでアクティブ・ラーニング」
ある実線「学校やまちを活性化しよう!」プラスワン 学校区とは?プラスワン 「中一ギャップ」
もっとくわしく!新しい学び方を考える

著者等紹介

長田徹[オサダトオル]
宮城県生まれ。石巻市立雄勝中学校社会科教諭、仙台市教育委員会指導主事などを経て、2011年5月から文部科学省。初等中等教育局教育課程教科調査官、同児童生徒課生徒指導調査官。国立教育政策研究所生徒指導・進路指導研究センター総括研究官、同教育課程研究センター教育課程調査官。教員養成に関する中央教育審議会の部会委員を務める。自らの中学校教員経験や各種調査結果をまじえ、「学ぶことと働くことをつなげる」キャリア教育や地域連携の重要性を説いている

稲葉茂勝[イナバシゲカツ]
東京都生まれ。大阪外国語大学、東京外国語大学卒業。子ども向けの書籍のプロデューサーとして多数の作品を発表。2016年9月より「子どもジャーナリスト」として、執筆活動を強化しはじめた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。