天気予報と日本の天気

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 47p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784577038611
  • NDC分類 K451
  • Cコード C8344

内容説明

クイズ形式で天気、気象、気候といった基本的な用語を学習し、日本や世界の異常気象と地球温暖化との関係について考える。

目次

気温を正しくはかれるのは日かげ、日なたのどっち?
真夏日と猛暑日って、どっちがあついの?
なぜ、日本には四季があるの?
春一番って、なに?
木枯らしは、冬にふく風のことって、ホント?
日本の気候は海流の影響を大きく受けているって、ホント?
日本海側で雪が多いのに、太平洋側では少ないのは、なぜ?
雨の多い時期によくきく「前線」って、なんのこと?
雨がどれくらいふったら、梅雨になるの?
日本に上陸する台風は、1年間にいくつある?〔ほか〕

著者等紹介

木原実[キハラミノル]
1960年生まれ。日本大学芸術学部演劇学科を卒業後、声優・神谷明氏の事務所に所属。レポーター、声優のかたわら、小劇場活動を続け、後年、劇団『花組芝居』の座員。1986年より日本テレビの天気コーナーを担当。1995年、気象予報士の資格を取得。2004年、防災士資格を取得。2005年、日本防災士会の常任幹事に就任。日本テレビ「ズームイン!SUPER」(火・木)、「news every.」(月~金)の各天気コーナーに出演中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「真夏日と猛暑日、どっちが暑いの?」「梅雨前線って、どんな線?」など、天気予報で耳にする言葉から、日本の天気に迫ります。