悲しい対馬丸の話―命こそ大切

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 31p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784577037553
  • NDC分類 E
  • Cコード C8771

内容説明

「あっ、魚雷が船に。部屋は、海水がいっぱい」…。太平洋戦争末期、学童疎開船「対馬丸」が米潜水艦の魚雷攻撃で沈没。多くの子供たちが犠牲になった「対馬丸事件」の絵本。

著者等紹介

久野登久子[ヒサノトクコ]
幼少児国際教育研究所長/英会話ありがとう塾塾長/教育絵本作家/作詞家/外務大臣表彰・文部大臣賞など多数受賞/海外との教育交流・援助活動中

山本和昭[ヤマモトカズアキ]
全国豆記者交歓会代表/こども王国首脳会議事務総長/教育広報研究所所長/東京都小学校新聞教育研究会指導顧問/元全国新聞教育研究協議会事務局長

松平恒忠[マツダイラツネタダ]
日本英語交流連盟会長/こども王国首脳会議総裁/日本フィンランド文化友好協会会長/日航財団理事/子供の町理事・後援会長/学習院櫻友会評議員

佐藤八重子[サトウヤエコ]
虹色Art工房主宰/油絵・挿絵・ポーセリンペインティング/NPO法人風の船元副理事長/教育絵本挿絵作家/国際協力ボランティアとしても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みゃーこ

59
平和さえあれば何も他に望むものはない。命こそ宝。対馬丸で我が子を失った親は命の大切さを心に刻み、戦争を憎んだろう。平和だけは手放すまいと誓ったろう。人間みんなそのことは失って初めてわかり、傷つくまでつづけて、そして、繰り返してしまう。平和は当たり前ではないことに気付いた一冊。2013/07/26

ヒラP@ehon.gohon

1
戦争の悲惨さを語る絵本は多いのですが、この対馬丸の話は知りませんでした。考えれば、戦争の悲惨を考えるとき、知らない史実が無限にあるのかもしれません。 沖縄の悲惨。そのなかにこのような事実があったことは衝撃です。 なにより、児童が疎開するために乗った船が撃沈されてしまい、まだ幼い多くの命が海に呑まれてしまったのです。 事実はしっかり受け止めなければいけないのですが、この絵本は少し説教口調に終わってしまったようです。 それは伝えたいことが多すぎることと、思いが大きすぎたから? 2010/01/10

そーすけ

0
247*忘れてはいけない出来事。美しい沖縄に似つかわない悲しい歴史。2015/11/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/229137

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。