たたかいの人―田中正造

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 283p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784577034866
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8093

内容説明

「わたしは、政治の世界にふみこんだときから、いつでも、人々のために、自分の命を投げすてる覚悟でやってきました。今こそ、そのときが来たような気がしますのじゃ…」。足尾銅山の鉱毒に苦しむ渡良瀬川沿岸の人々の声を届けようと命をかけてたたかいつづけた田中正造のものがたり。

目次

明治の夜明け
光と影
死の大地
闇の中のさけび

著者等紹介

大石真[オオイシマコト]
1925年、埼玉県に生まれる。早稲田大学英文科卒業。早大童話会に所属、卒業後、びわの実学校同人。日本児童文学者協会会員。小峰書店編集部勤務。退職後、著述に専念する。1990年秋、没。1953年、「風信器」で、日本児童文学者協会新人賞、1963年、「見えなくなったクロ」で、小学館文学賞、1990年、「眠れない子」で、第28回野間児童文芸賞、第31回日本児童文学者協会特別賞受賞。戦後児童文学の第一線で、常に子どもの側に立ち、数多くの作品を残した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

わい

1
公害問題は、以前から石牟礼道子などで読んでいたのに、ちゃんと読んでなかった足尾銅山。先日北海道で、札幌農学校や各地の大学を作るのに、古河の金が使われたのだ、古河は公害の責任として国に金を払い、その金が使われた。鉱毒で廃村になった村人たちの移住先の一つが佐呂間町だ…という話をガイドさんから聞き、(聞き流してたけど結構覚えてるな)改めて読んでみようと、子供向けの伝記を手に取りました。…田中正造も鉱毒事件も知ってたけど、詳しくは知らず、救いのないことにぞっとしました…。現代でも刺さ話でした。2020/11/08

かしこ

1
冒頭、敵方の古河さんのものすごい生い立ちから始まってインパクトがあった。貧乏で母や継母に次々死なれ奉公先ではスゴイケチな暮らし、借金の取り立てをやらされと……こりゃ、すごい2015/12/19

吉河 / よしか

1
小学生の時に読んで彼の生き方にインスパイアされました!というのを友人に言い出せずにいる。

iwashinyan

1
児童向けとは思えない程の圧倒さで胸が震えました。小学生の頃に教科書で出逢っているのですが、当時は深く考えていなかったのでしょう。大人になった今も、もし原発のあの事故が起きていなかったら…この、身体中を貫くような…思わず拳を握りしめてしまう、どう表現すれば良いのか解らない感覚に陥ることはなかったと感じます。2011/08/04

ビシャカナ

0
明治の初めに名主として六角家に、県会議員になっても三島県令に、衆議院議員となろうとも政府に、どんな時も人々のために、不義不正を正すために、お上であろうと真っ向対決。自分が思っていた以上に苛烈な田中正造、そして自分が思っていた以上の足尾銅山による被害と、悪逆無道な政府と役人たち。そして古河市兵衛という田中正造とよく似た男が、人々を苦しめるとは、世の中の闇の深さを感じる。2015/04/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1831782

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。