二見文庫<br> 赤い薔薇は背徳の香り

個数:

二見文庫
赤い薔薇は背徳の香り

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年06月21日 01時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 597p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784576120485
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

とある事情でやむをえず娼婦となった子爵家令嬢のアン。しかし一人の公爵との出逢いが彼女の運命を変えて…!?

内容説明

1815年、イギリス。子爵家に生まれながらも度重なる不幸にあい、あげく娼館に売られてしまったアン。さらにそこである“事件”を起こしてロンドンを追われ、行き場をなくした彼女は、若くして戦争で失明し、人目をはばかるように暮らすマーチ公爵の愛人になろうと考える。名も知らぬ彼女の来訪に戸惑う公爵だったが、アンの献身的なやさしさに惹かれ、愛人契約を結ぶことに。ふたりは幾度となく肌を重ねるうち心を通わせていき、アンは明かせぬ過去を抱えたまま公爵を恋い慕うようになるが…全米絶賛のセンシュアル・ロマンス。

著者等紹介

ペイジ,シャロン[ペイジ,シャロン][Page,Sharon]
大学で工業デザインを学んだ後、構造工学の企業で調査開発の仕事に携わる。そのかたわらロマンス小説の執筆を始め、「エローラズ・ケイヴ」より2003年にデビュー。『罪の夜への招待状』(幻冬舎刊)でNational Reader’s Choice Awardのエロティック・ロマンス部門最優秀賞を受賞する。2009年には『罪深き夜の館で』(二見文庫)が米国ロマンス小説専門書評誌「ロマンティック・タイムズ」でセンシュアル・ヒストリカル部門最優秀賞を受賞し、その後2011年にも『赤い薔薇は背徳の香り』が同賞にノミネートされ、“エロティック・ロマンスの新女王”と評されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。