記憶が消えていく―アルツハイマー病患者が自ら語る

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 178p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784576051437
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

平成16年、53歳の若き町長が自らの若年性アルツハイマーを公表して辞任。絶望の淵から妻子の愛と町民の支えで「今」を生きていくまで。「若年性アルツハイマー病」を患った北海道雨竜郡北竜町の元町長・一関開治の不安や戸惑い、妻や子への想いを綴った本。

目次

第1章 たび重なる奇妙な行動
第2章 病院で受けた宣告
第3章 大騒動の「町長辞任」
第4章 若き町長の誕生
第5章 失意と受容のなかで
第6章 二人で生きていく
終章 心は生きている