双葉文庫<br> 母が拉致された時僕はまだ1歳だった―北朝鮮拉致ドキュメンタリーコミック

個数:

双葉文庫
母が拉致された時僕はまだ1歳だった―北朝鮮拉致ドキュメンタリーコミック

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 189p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784575713497
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0179

内容説明

「大韓航空機爆破事件」世界中が震撼したこの未曾有の国家犯罪に巻き込まれ、数奇な運命にさらされた田口八重子さん。彼女は2歳の長女と、当時まだ1歳だった乳児の長男を残したまま北朝鮮に拉致されたのだった。八重子さんの息子、飯塚耕一郎氏が語る“母の拉致”。そして謎に包まれたままの李恩恵の足取り。北朝鮮拉致ドキュメンタリーコミックで改めて問う、拉致の真実。

目次

第1回 大韓航空機爆破事件
第2回 告白
第3回 八重子はどこへ
第4回 事情聴取
第5回 飯塚家の苦悩
最終回 耕一郎の叫び

著者紹介

飯塚耕一郎[イイズカコウイチロウ]
北朝鮮による拉致被害者家族連絡会

本そういち[モトソウイチ]
神奈川県出身。1981年第9回小学館新人コミック大賞入選、1984年第11回講談社ちばてつや賞入賞。その後、アメリカでのアルバイト生活、演劇活動を経て、1988年から再び創作活動を始める。日本プロ麻雀協会所属の麻雀プロでもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)