• ポイントキャンペーン

双葉文庫
母が拉致された時僕はまだ1歳だった―北朝鮮拉致ドキュメンタリーコミック

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 189p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784575713497
  • NDC分類 726.1

内容説明

「大韓航空機爆破事件」世界中が震撼したこの未曾有の国家犯罪に巻き込まれ、数奇な運命にさらされた田口八重子さん。彼女は2歳の長女と、当時まだ1歳だった乳児の長男を残したまま北朝鮮に拉致されたのだった。八重子さんの息子、飯塚耕一郎氏が語る“母の拉致”。そして謎に包まれたままの李恩恵の足取り。北朝鮮拉致ドキュメンタリーコミックで改めて問う、拉致の真実。

目次

第1回 大韓航空機爆破事件
第2回 告白
第3回 八重子はどこへ
第4回 事情聴取
第5回 飯塚家の苦悩
最終回 耕一郎の叫び

著者紹介

飯塚耕一郎[イイズカコウイチロウ]
北朝鮮による拉致被害者家族連絡会

本そういち[モトソウイチ]
神奈川県出身。1981年第9回小学館新人コミック大賞入選、1984年第11回講談社ちばてつや賞入賞。その後、アメリカでのアルバイト生活、演劇活動を経て、1988年から再び創作活動を始める。日本プロ麻雀協会所属の麻雀プロでもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)