• ポイントキャンペーン

双葉文庫
比翼塚―江戸町奉行所吟味控

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 277p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575665307
  • NDC分類 913.6

内容説明

雨の日に吉原に向かう日本堤で起きた殺人事件。斬り殺されたのは吉原一と評判の小紫太夫の馴染み客だった。下手人を追う南町奉行所同心・永田誠太郎を嘲笑うかのように、第二の事件が起きる。―江戸市中を驚愕させた脱藩浪人と吉原の太夫の心中事件。その謎に気鋭の女流作家が迫る、新形式の書き下ろし時代小説、待望の第二弾。

著者紹介

植松三十里[ウエマツミドリ]
静岡県出身。東京女子大学史学科卒業。2003年、「桑港にて」で第27回歴史文学賞受賞。以後、歴史・時代小説の書き手として注目を集め、09年『群青日本海軍の礎を築いた男』で第28回新田次郎文学賞、『彫残二人』(文庫版『命の版木』と改題)で第15回中山義秀文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

歌舞伎や浄瑠璃に脚色され、白井権八のモデルとなった、平井権八と吉原の遊女・小紫の心中事件。鳥取藩六百石取りの嫡子がなぜ藩を出奔し、吉原一と言われた太夫・小紫と知り合ったのか? そして、心中事件を起こした理由は?女流作家が描く男と女の深い心の闇!