双葉文庫<br> 盗人旗本―剣四郎影働き

個数:

双葉文庫
盗人旗本―剣四郎影働き

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 302p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784575664652
  • NDC分類 913.6

内容説明

五歳のとき乳母と墨田堤に花見に出かけ、行方不明になった如月剣四郎が、八年ぶりにひょっこり屋敷に戻ってきた。その間、盗人の浪人に育てられていたらしいが、今や中西派一刀流の免許皆伝を得るまでに成長。旗本の四男という気軽さから、昔の仲間と義賊黒猫組を再結成する。著者渾身の書き下ろし長編時代小説第一弾。

著者紹介

芦川淳一[アシカワジュンイチ]
1953年、東京都生まれ。早稲田大学文学部卒。出版社勤務を経て、ミステリーやホラー小説を執筆。最近は時代小説で活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)