双葉文庫<br> 雁だより―金四郎はぐれ行状記

個数:

双葉文庫
雁だより―金四郎はぐれ行状記

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年06月29日 22時16分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 307p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575664188
  • NDC分類 913.6

内容説明

安房館山藩の姫君が芝居見物の最中、鉄砲を持った百姓姿の男たちに襲われた。囃子方として舞台にいた金四郎は、咄嗟の機転で賊たちを捕りおさえたが、男たちの発した「隠し銀山」という言葉に引っ懸かりを感じていた。厄介事に首を突っ込みたがる性分の金四郎は、兄貴分の次郎吉とともに館山へ向かう。好評シリーズ第五弾。

著者紹介

井川香四郎[イカワコウシロウ]
1957年、愛媛県生まれ。中央大学卒。柴山隆司の筆名で書いた時代小説『露の五郎兵衛』で小説CLUB新人賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

江戸の芝居町で興行中の中村座の舞台に、安房館山藩の下級武士たちが、百姓姿で乱入してきた。観劇中の館山藩の姫君を人質にとり、藩主に百姓たちの窮状を訴え、嘆願しようと企んだのだが…。若き日の遠山金四郎の活躍を描く、シリーズ第五弾。