ジュールコミックス<br> 女と猫は呼ばない時にやってくる

電子版価格 ¥880
  • 電書あり

ジュールコミックス
女と猫は呼ばない時にやってくる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 165p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784575334807
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まろんぱぱ♪ 

43
久々にマヤ先生の作品。尖ってないけどちょっと面倒臭いキャラクターばかりなのは相変わらず!で、男はバカばっか(笑)高円寺に来るべくして来た運命のヒラリのこれからも見たいですね、と読了。サラッとしてて、ちょっと毒舌に猫と女の強かさをドレッシングに、サラダを食べるみたいな作品でした。 2017/08/09

まりもん

22
銀さんのお店で知り合った女性達と少しづつ知り合って距離を詰めていく感じが良い。お店の料理はやっぱりおいしそうだけど、自分で手料理と思うと苦手意識が(苦笑)カバーをめくってのレシピでスモーブローなら出来るかな?なんて思った。2012/05/17

まふぃん

14
こういう行きつけのお店欲しいなあ。料理が美味しそうでした。2017/02/03

jude

12
タイトルと装丁買い。関西から東京へ異動してきたばかりの詩を詠むのが趣味のヒラリー、サラダとお酒がメインのお店のヘタレシェフ、濃いキャラの常連客三人のやり取りが楽しい。頑ななヒラリーがどんどん力が抜けていくのがいい。そして、料理とワインが美味しそう♪特にヴィーニョヴェルデ&スモーブローが食べたくなった。いちごとレモンのカッペリーニはどうなんだろう。気になる。こんなお店が近くにあったら通ってしまいそう。小鳥遊さんが格好良すぎる。姑には嫌だが(笑)続編あるのかなぁ。2013/03/31

ぐっち

11
東京に転勤してきたヒラリーと、高円寺のお店(サラダを出すバー?)に集まる女たちと猫。あこがれの詩の投稿者は店長さんなのか??店長さん、髪あげてるとかっこいいのに、下ろすといまいちだな~。もうちょっと続きを読みたいと思わせる、居心地が良くておいしそうなお話でした。2012/06/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4780125

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。