ゲバラのHIROSHIMA

個数:
電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ゲバラのHIROSHIMA

  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2017年12月12日 06時02分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 180p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784575312904
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C0095

内容説明

1959年7月25日。キューバ革命直後に、使節団として来日していたチェ・ゲバラ、予定を変更して電撃的に広島を訪問した。稀代の革命家は、なぜ広島にそこまでこだわったのか!?その地で何を感じ、何を持ち帰ったのか!?キューバと広島―現地取材でゲバラの“ヒロシマへの思い”を追った渾身のノンフィクション!!

目次

第1章 キューバ親善使節団(カバーニャ要塞のコマンダンテ;外交模索が目的の長期外遊 ほか)
第2章 ゲバラとヒロシマ(千鳥ヶ淵と広島と;強行突破 ほか)
第3章 アメリカ嫌い(政治的な目覚め;運命の出会い ほか)
第4章 ミサイル危機と反核(北の巨人の“いやがらせ”;要職歴任、昼夜の学び ほか)
第5章 それぞれのヒロシマ(四四年後に果たされた約束;フィデル・カストロのヒロシマ ほか)

著者紹介

佐藤美由紀[サトウミユキ]
ノンフィクション作家。広島県福山市出身。各種の雑誌や書籍に人物ルポや社会レポートなど様々な分野の記事を執筆。近年は書籍の執筆に力を注いでいる。ベストセラーになった『世界でもっとも貧しい大統領ホセ・ムヒカの言葉』(双葉社)など。佐藤真澄名義でも著書がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

2017年は現在も世界中に支持者を持つ革命家チェ・ゲバラの没後50年。1959年に広島を訪れ、強い衝撃を受けた氏はキューバに戻ってから「(平和のために闘うならば)広島を訪れることがなによりも大事だ」と訴え続けた。ゲバラは広島を知り、どう影響を受けたのか。ノンフィクションライターの著者が、現地取材によって革命家ゲバラの平和への思いを徹底的に探っていきます。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件