仮面家族

個数:
電子版価格
¥1,760
  • 電書あり

仮面家族

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月16日 20時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 240p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784575244243
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

母親は高校1年生の娘に毎日詳細な日記を書かせると、「助言」と称して彼女がやるべきことを命令してくる。隣に住む女子高生と仲良くなれと指示したかと思うと、嫌われろと言ったり。「新しい父親」は母親よりかなり年下で画家らしいのだが、家来のようにすべて言いなりだ。ふたりを支配下に置くのは、いったいどんなたくらみがあるのか!? その狂気にも似た行動には驚愕の理由があった……。新鋭の描く長編ミステリー!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いつでも母さん

195
母と書いて狂気と読む。ん…どこかのレビューに書いたような気もするが(汗)ここにも一人の母がいた。ここまでするかぁが正直なところ。何度ももうやめてと願い、何処に結実するのだろとドキドキして、違和感と嫌悪感が私を支配するのに途中で止められない。そして、ラストにやっぱり?そう来たかと虚しくなるのだ。仮面家族・・これは家族なんかじゃない!2021/08/24

ちょろこ

152
耳にこびりつく一冊。スタートから、絶望を見せてあげる…この言葉がいきなり耳にこびりつく。高校生の娘に日々日記を書かせ指示を出していく母親。この尋常ならざる指示、家族の不可解な行動の目的が見えなくて、見たくて、ページを捲る手は止まらない。というか止めさせないリーダビリティが抜群だ。また家庭教師の存在がさらに謎を盛り上げ心掴んでいく。そして明かされた目的は、ラストは…うわ!いやー!絶望を見せてあげる、あげたでしょ?となんだか思いっきり微笑みと共に耳元で囁かれた気分。うーん、やっぱり耳にぞわぞわこびりつく。2021/09/17

とん大西

142
なんだナンだ?この違和感ザワザワ感。女王の如く君臨する母と支配される父娘。家庭内で交わされる無機質な会話や隣の黒崎家との歪な交流。おかしいおかしいおかしい。全てが不穏で全てが謎。少女の運命、家族の行く末。落ちて落ちて落ちた先、狂気の道化が終わるとき。さて、混じりけのない絶望を見てしまったのは誰だったのか。2021/09/11

モルク

140
「絶望を見せてあげる」との衝撃的な帯。佐久間家の絶対的な母、助言と称した命令、それを受け入れる高校生の娘栄子、そして母のいいなりになる新しい父。ターゲットは隣室の黒崎家。母娘とも友人となり相談相手となるも、上げては落とす。何故に、そしてなぜ栄子は反抗できないのか、何もなければ料理上手な素敵な母なのに…様々な疑問が終盤で一気に収束していく。ここにきて題名の意味も納得する。でも、復讐って…それで誰が救われるというのだろうか。2021/11/03

スエ

110
スエ家も同じ「お面夫婦」じゃ無かった「仮面夫婦」イヤイヤ、どっこい『仮面家族』だったぁ❢ あはは!!……はいはい、ごめんなさいよ〜「お母さんが女王様で、お父さんが家来で、私は奴隷だ」なるほど。まごうことなき、ガッチガチの毒親ですね。この女王様の、腹黒いこと黒いことッ!!虫めがねで太陽光当てたら、すぐに煙がブスブス出る事間違いなしですねっ!ねっ!!読んでて??な事が多いのはご愛嬌。ラストの「言うまでもなく私は」ええ、ええ。分かってましたとも。ヒントいっぱいありがとう(涙) 「信じなかった事」は罪であった。2021/12/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18103835
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。