京都しあわせ倶楽部<br> 愛欲と情念の京都案内―魔の潜むこわーい街へようこそ

個数:
電子版価格 ¥950
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

京都しあわせ倶楽部
愛欲と情念の京都案内―魔の潜むこわーい街へようこそ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年12月09日 04時30分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 199,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569834566
  • NDC分類 291.62
  • Cコード C0026

内容説明

怨念、嫉妬、呪い、性の匂い、縁切り…。現役バスガイドにして官能小説の奇才が教えてくれる古都のおそるべき顔。

目次

第1章 女が怖い(美人になりたい―美御前社・河合神社;美人は幸せになれるのか―隨心院・補陀洛寺 ほか)
第2章 魔が怖い(比叡山の怪異―延暦寺;死者の恋―蓮台野・引接寺 ほか)
第3章 人の念が怖い(暗殺の川―木屋町界隈・高瀬川;デートスポットは処刑場―鴨川・三条河原 ほか)
第4章 恋が怖い(私を殺して―恋塚寺・神護寺;縁結びは呪いと紙一重?―地主神社・野宮神社 ほか)

著者等紹介

花房観音[ハナブサカンノン]
1971年兵庫県生まれ。京都女子大学文学部中退後、映画会社や旅行会社などの勤務を経て、2010年に『花祀り』で第1回団鬼六賞の大賞を受賞してデビュー。現在も京都でバスガイドを務める。京都観光文化検定2級所持(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

現役バスガイドでもあり、京都を舞台とした「情」が絡み合う作品が人気の著者が「人間の情念がうずまくこわい京都」の歩き方を案内。

花房観音[ハナブサカンノン]
作家

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件