天皇とは北極星のことである

電子版価格
¥1,600
  • 電書あり

天皇とは北極星のことである

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 263p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784569832456
  • NDC分類 210.3
  • Cコード C0030

出版社内容情報

なぜ天皇という呼称が生まれたのか。その正統性が長い歴史を経て続いてきたのはなぜか。異才の二人が謎に踏み込む。

副島隆彦[ソエジマタカヒコ]
作家・評論家

斎川眞[サイカワマコト]
日本法制史学者

内容説明

中国の属国であることをやめて日本が目指した国の形は?

目次

第1部 天皇という称号(「天皇」とは、「北極星」のことである;「王、皇帝」の称号は、臣下が献上したものである;日本の天皇号はいつから使われたか、『日本書紀』には書いていない;天皇について「歴史学」として確実に言えること;天皇の地位を保証する「天壌無窮の神勅」;天皇にはなぜ「姓」がないのか)
第2部 中国と日本(「冊封体制」とは何か;冊封体制とは、中華帝国の世界秩序のことである;天命思想とは、王朝交替の思想である;日本は、中華帝国に朝貢して、世界史に登場した;遣隋使・遣唐使は、中華帝国の官職・爵号はいらないと伝えた;日本という国名は、律令体制に伴ってあらわれる)
第3部 「中華帝国」のようになりたくて律令を作った(日本は、中華帝国のような国家になりたかった;遣隋使や遣唐使の本当の目的;なぜ律令体制を作りたかったか;律令国家は、行政指導・官僚統制型の国家である;結論 そして、国家の枠だけが残った)

著者等紹介

副島隆彦[ソエジマタカヒコ]
評論家。1953年、福岡市生まれ。早稲田大学法学部卒。外資系銀行員、予備校講師、常葉学園大学教授等を歴任。米国の政治思想、法制度、金融・経済、社会時事評論の分野で画期的な研究と評論を展開。「民間人国家戦略家」として執筆・講演活動を続ける

斎川眞[サイカワマコト]
1947年、新潟市に生まれる。早稲田大学法学部卒業。同大学院法学研究科博士課程単位取得退学。専攻は日本法制史・法思想史・政治思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Hiroki Nishizumi

2
文中にも書いてあるが、まさに一行を説明するために一冊の本になっているな。2019/08/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11527386
  • ご注意事項