ユダヤ5000年の知恵 (新装版)

ユダヤ5000年の知恵 (新装版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 229p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408395746
  • NDC分類 199
  • Cコード C0036

内容説明

タルムードとは日本語で「偉大な研究」ということである。ユダヤ民族を五〇〇〇年にわたって支えてきた生活規範である。この本ではこの膨大な聖典についてできる限り忠実に解説を試みた。タルムードの扉を開くものはあなた自身の心である。

目次

第1章 タルムードとは?
第2章 三人の偉大なラビの話
第3章 人生の知恵
第4章 家族・人間関係の知恵
第5章 社会・教育の知恵
第6章 判断の知恵
第7章 格言の知恵
第8章 5000年の知恵実践例

著者等紹介

トケイヤー,ラビ・マービン[トケイヤー,ラビマービン][Tokayer,Marvin]
1936年9月4日、ニューヨーク生まれ。1958年、同市イェシバ大学卒。1962年、ラビ(ユダヤ教の牧師)の資格を取得。1967年、東京広尾に日本ユダヤ教団設立。初代ラビに就任し、1976年まで活躍

加瀬英明[カセヒデアキ]
1936年東京生まれ。慶応義塾大学経済学部中退。1967年『ブリタニカ国際百科事典』初代編集長。現在は、外交評論家として国内外で、執筆、講演、映画製作など広く活躍
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

まつき

5
タルムードという言葉自体はじめて目にして読んでみたいと思った。本書に引用されている事例は比喩的で、確かに読むだけでなく自ら深く考えて理解しなければ何を意味するかもわからないし、理解するにはかなりの時間がかかりそうだ。習慣的にこんな勉強をしていたら他にも応用がきいて確かに賢くなりそう。2015/08/19

B.J.

4
●聖書によると、世界は、1・2・・・6日目に完成し、人間は、その最後の6日目につくられた。なぜ人間が最後につくられたのか。人間に自然に対する謙虚さを教える為である。 ●悪魔は、人を訪ねるのにあまりにも忙しすぎるときは、その代理として、酒をよこす。 ●朝寝坊して昼間酒を飲み、夕方くだらぬ話をしていれば、人間は一生を楽々と棒に振れる。 ●妻を理由なくいじめるな。神は彼女の涙の粒を数えるから。 ●お金は神からの贈り物を買う機会を与えてくれる。 ・・・本文より2020/03/16

永留哲也

1
ユダヤ人が学びの民である事がよくわかった。教育に力を入れている。そんな中で育った子どもが成功していくのはわかる気がした。小さい時から自分で考える事を繰り返すユダヤ人。見習う事がいっぱいあった。2020/01/20

すぐる

0
2014/01/18

hiderii

0
ユダヤ人にとっての聖典『タルムード』の教えを紹介している。▼いわゆる格言が色々載っているが、自分が印象に残ったのは『「幸福」を追うと、「満足」から遠ざからなければならない』幸福は得ることによってはかる方法と、失うことによってはかる方法がある→何を得れば幸せなのか、逆に何を失ったら幸せではなくなるのか(健康、家族など)自分にとっての幸せを考えさせられた。2021/04/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/124018

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。