「持ち家」という病―不動産と日本人・「これまで」と「これから」の経済学

個数:
  • ポイントキャンペーン

「持ち家」という病―不動産と日本人・「これまで」と「これから」の経済学

  • ウェブストアに73冊在庫がございます。(2016年12月11日 01時45分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 292p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569831978
  • NDC分類 365.3

内容説明

「家を買うのは当たり前」国と金融機関に日本人は、マインドコントロールされていた!不動産鑑定業界での取扱件数トップ企業の創業者が教える、「知らなければ絶対損する」最重要知識。

目次

第1章 日本人はいつから「持ち家病」にかかったのか
第2章 バブル崩壊とともに消えたはずの「土地神話」
第3章 「持ち家病」を後押しした不動産金融
第4章 地方の不動産はすでにマイナス資産である
第5章 オリンピック後に始まる東京のスラム化
第6章 新たな変動要因
第7章 「持ち家病」から解放された社会

著者紹介

井上明義[イノウエアキヨシ]
1937年生まれ。1959年、学習院大学政経学部卒業。日本生命、ミサワホームで企業融資、個人向け不動産金融業務などに従事した後、1980年、三友システム住宅融資(株)(現・(株)三友システムアプレイザル)設立。代表取締役就任。2011年、取締役相談役就任。「契約不動産鑑定士制度」「効率鑑定書」などの新しい業務システムを不動産鑑定業界に導入し、「業界を変えた男」といわれる。土地バブル最盛期以前から地価暴落を予言し、警鐘を鳴らしていたことで知られる。不動産鑑定の第一人者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「家を持ってこそ一人前」という考え方は、いかに日本人に植え付けられたか。今後、不動産についてどう考えるべきかを説く。

井上明義[イノウエアキヨシ]
株式会社三友システムアプレイザル相談役