いよいよ歴史戦のカラクリを発信する日本人

個数:
電子版価格 ¥1,199
  • 電書あり

いよいよ歴史戦のカラクリを発信する日本人

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569831190
  • NDC分類 304

内容説明

英霊、靖国神社、旭日旗、憲法改正、自主防衛、集団的自衛権…。これらを議論したり再評価すると、日本が危険に晒されるのですか?

目次

第1章 日本は「共産主義」「反日サヨク」に対して甘すぎる(なぜ共産党が議席を増やすのか?;WGIPと日本国憲法の目的は「共産革命」の実現 ほか)
第2章 なぜ日本は「スパイ天国」なのか?(日本政府の秘密情報は戦前から筒抜けだった;日本軍司令部にいた「アメリカ軍のスパイ」たち ほか)
第3章 放送法を遵守しないメディア人の大罪(日本の報道番組が「娯楽化」している;凄まじい偏向報道を垂れ流すTBS ほか)
第4章 外国や国際機関からの内政干渉を排す(オバマ大統領の広島訪問に難癖をつけた韓国人の民度;日本は「謝罪病」で多くの国益を失ってきた ほか)
第5章 日本は何を、どう世界に発信していけばよいか(日本は世界トップクラスの大国;お世辞にも高いとは言えない日本の情報発信力 ほか)

著者紹介

ギルバート,ケント[ギルバート,ケント] [Gilbert,Kent Sidney]
米カリフォルニア州弁護士・タレント。1952年、米国アイダホ州生まれ、ユタ州育ち。71年、米ブリガムヤング大学在学中にモルモン教の宣教師として初来日。福岡市、北九州市、山口県柳井市、長崎県佐世保市などに約2年居住。75年、沖縄海洋博覧会の際にアメリカパビリオンのガイドとして再来日し、沖縄県に半年間居住。80年、米ブリガムヤング大学大学院を卒業。法学博士号・経営学修士号を取得。司法試験に合格して、国際法律事務所に就職。法律コンサルタントとして来日を果たし、東京都に居住開始(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

英霊、愛国心、靖国神社、旭日旗、憲法改正、集団的自衛権……。なぜマイナスに捉えるのか? 戦後日本人を覚醒させる処方箋の第三弾。

ケント・ギルバート[ケントギルバート]
米カリフォルニア州弁護士