「世界大波乱」でも日本の優位は続く

個数:
電子版価格 ¥1,199
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

「世界大波乱」でも日本の優位は続く

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2016年12月04日 05時00分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 201p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784569830636
  • NDC分類 304

内容説明

英EU離脱ショック、チャイナ・バブル崩壊、ロシア、中国、北朝鮮の暴走、テロの増発…。経済面でも軍事・外交面でも日本は安泰である。なぜか?

目次

第1章 「イギリスEU離脱ショック」の背景と今後
第2章 「リーマンショック前夜の状況」は本当である
第3章 中国経済こそ世界の不安定要因だ
第4章 日本がG7を主導する日
第5章 新大統領誕生でも日米関係は揺るがない
第6章 参院選で再び信任された安倍政権

著者紹介

長谷川慶太郎[ハセガワケイタロウ]
国際エコノミスト。1927年、京都府生まれ。大阪大学工学部卒業。新聞記者、証券アナリストを経て、1963年から評論活動を始める。以後、その優れた先見力と分析力で、つねに第一線ジャーナリストの地位を保つ。1983年、『世界が日本を見倣う日』(東洋経済新報社)で第3回石橋湛山賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

日本企業は不安定化が進む中国から即座に撤収すべし! 日本経済がいかに力強く、その未来が明るいかを、最新情報をもとに分析・展望。

長谷川慶太郎[ハセガワケイタロウ]
国際エコノミスト