京都しあわせ倶楽部<br> ライカと歩く京都

個数:
  • ポイントキャンペーン

京都しあわせ倶楽部
ライカと歩く京都

  • ウェブストアに13冊在庫がございます。(2016年12月11日 13時06分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B40判/ページ数 185,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569828084
  • NDC分類 291.62

内容説明

通り過ぎようと思っても、吸い寄せられてしまう。カメラを持って歩くと京都の楽しさは倍になる!著名な観光地の合間に、京都のほんとうの魅力がある。

目次

第1章 「歩くまち・京都」を歩く(路地を歩くと「宝物」が発見できる;カメラを持って歩くと、見えてくる京都 ほか)
第2章 小山薫堂とアレックス・ムートンが撮った普段着の京都(カメラを持って歩けば、京都のまちの別の顔が見える;ライカが結びつけた偶然。アレックス・ムートンと小山薫堂の撮る京都)
第3章 「京都館」館長・小山薫堂がすすめるまち歩きコース(著名な観光地の合間に、京都のほんとうの魅力がある;朝の平安神宮神苑から一日をスタート! ほか)
第4章 ライカと京都への憧れを語る―小山薫堂×アレックス・ムートン(理屈ではなくライカは本能をくすぐるカメラだ;ライカで京都を撮ると見えてくるものがある ほか)

著者紹介

小山薫堂[コヤマクンドウ] [Mouton,Alex]
1964年、熊本県生まれ。放送作家・脚本家。脚本を担当した「おくりびと」は第81回米アカデミー賞外国語映画賞を受賞。近年は、人気キャラクター「くまモン」の生みの親としても話題に。下鴨茶寮主人、京都館館長を務める

ムートン,アレックス[ムートン,アレックス]
1964年、フランス生まれ。写真を愛する旅人。2004年に放送された「東京ワンダーホテル」のCM内で、日本における初の個展を開催(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「歩いてこそ京都」という著者二人がライカのカメラを持ち街歩き。独特のアングルで切り撮った京都の街の人情と風情を語る写真紀行。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件