政治家になった父から18歳の息子へ―わが家の主権者教育

個数:
  • ポイントキャンペーン

政治家になった父から18歳の息子へ―わが家の主権者教育

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月07日 17時55分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 127p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569827582
  • NDC分類 314.82

内容説明

現職国会議員が書いた主権者教育本の決定版。民主主義国家を変えるのはデモではなく選挙だ。

目次

第1章 政治を変えられる最強の手段が選挙だ!(「誰に投票しても変わらない」は本当か?;どんな人を選挙で選べばいいのか? ほか)
第2章 政治家は結果がすべて(日本人が政治に興味を失った本当の理由;結果を出せなければ真の政治家ではない ほか)
第3章 政治だって自分の頭で考えれば面白い!(なぜ今、憲法改正なのか?;財政再建と経済対策、どちらを優先すべきか? ほか)
第4章 「国会議員って毎日何やっているの?」(いろいろな経歴の人がいればいるほど、政治の議論は深まる;私が政治家になろうと思ったわけ ほか)

著者紹介

あだちまさし[アダチマサシ]
阿達雅志。1959年、京都市生まれ。京都洛星高校卒業。東京大学法学部卒業。ニューヨーク大学ロースクール修士(MCJ、LL.M)。同大Journal of International Law and Politics編集委員。住友商事勤務(東京、ニューヨーク、北京)、衆議院議員秘書を経て、米国系法律事務所(ポール・ワイス・リフキンド・ワートン・ギャリソン事務所)勤務。並行して、日本大学法科大学院非常勤講師、東京大学大学院情報学環特任研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

政治とは何か? 民主主義とは? 政治家の父が18歳の息子と実際に交わした会話をもとに、よくわからない政治のことについて明快に答える。

【著者紹介】
政治家、参議院議員