証言録 海軍反省会〈8〉

個数:
電子版価格 ¥4,200
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

証言録 海軍反省会〈8〉

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2016年12月03日 09時41分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 555p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784569827445
  • NDC分類 397.21

内容説明

軍令部と連合艦隊の対立、「い号作戦」「ろ号作戦」の裏面、伏見宮問題、及川大臣の責任問題など、緊張感あふれる発言満載。海軍反省会の第60回から第68回までを収録。

目次

海軍反省会記録第六十回 勝って兜の緒を締めよ―大敗は大勝の中に芽吹いていた
海軍反省会記録第六十二回 勝利の終わり―潮が変わる国が沈む
海軍反省会記録第六十三回 航空軽視と潜水蔑視が招いたもの
海軍反省会記録第六十四回 妥協―三国同盟への消極的賛成
海軍反省会記録第六十五回 水面下の日米交渉を動かした男たち
海軍反省会記録第六十六回 開戦へのカウントダウン
海軍反省会記録第六十七回 日本国の軍隊、軍隊の日本国―政治と軍事の不可分性
海軍反省会記録第六十八回 真珠湾で得た戦術的勝利、根本的失策

著者紹介

戸高一成[トダカカズシゲ]
1948年、宮崎県生まれ。多摩美術大学美術学部卒業。1992年、(財)史料調査会理事就任。1999年、厚生省(現厚生労働省)所管「昭和館」図書情報部長就任。2005年、呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)館長就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

海軍反省会の第60回から第68回までを収録する。及川海軍大臣の評価をめぐって怒鳴りあいの議論が展開されるなど、白熱の巻。

【著者紹介】
呉市海事歴史科学館・大和ミュージアム館長