救国―超経済外交のススメ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 354p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784569799629
  • NDC分類 333.6
  • Cコード C0030

目次

奇妙な首脳会談の先に何があるか
民族の心の弱さが外交を弱くする
「開くが命」シンドローム
カンとミン、殻を出でよ、連合せよ
竹島はメンツと漁業の問題か
国家新戦略の旗が、民からあがる
何が通貨を信認させるか
それでも目覚める日本
われら日本国民、ここにこそ怒れ
特別編 経済誌デスクによる青山繁晴へのインタビュー―北朝鮮のバイオテロに備える〔ほか〕

著者等紹介

青山繁晴[アオヤマシゲハル]
神戸市生まれ。慶應義塾大学文学部中退、早稲田大学政治経済学部卒業。共同通信社の記者、三菱総合研究所の研究員を経て株式会社・独立総合研究所を創立。現在、代表取締役社長・兼・首席研究員。近畿大学経済学部客員教授(国際関係論)。内閣府の原子力委員会・専門委員、経済産業省の総合資源エネルギー調査会・専門委員、海上保安庁の政策アドバイザー。防衛省幹部研修の講師も務める。専門は、エネルギー安全保障、核セキュリティ、危機管理、外交・安全保障、国家戦略立案(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

デフレに悩む日本経済が新天地を切り開けるようサポートできる外交力を、どうすれば創れるのか。国民一人一人に語るリアルな外交論。

【著者紹介】
独立総合研究所社長、作家