「反日」包囲網の正体―国際社会でのネット戦争は始まっている

電子版価格 ¥1,399
  • 電書あり

「反日」包囲網の正体―国際社会でのネット戦争は始まっている

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 316p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784569797854
  • NDC分類 319.1
  • Cコード C0030

内容説明

「大震災」「政治空白」の日本を狙う中国、ロシア、韓国…。知られざる「反日」ネットワークの闇を暴く。

目次

序章 東日本大震災と「メディアの死」
第1章 「反日」包囲網を撃て!
第2章 日露戦争からの心理戦の実態
第3章 GHQ占領下の「日本罪悪史観」の擦り込み
第4章 平時の心理戦とは何か
第5章 「反日」を呼び込む日本の小説家
第6章 米国で仕掛けられた「従軍」慰安婦問題
第7章 「百人斬り競争」における『朝日新聞』『毎日新聞』の捏造
第8章 微笑みに隠された中国のプロパガンダ

著者等紹介

水間政憲[ミズママサノリ]
1950年、北海道生まれ。近現代史研究家・ジャーナリスト。慶應義塾大学法学部政治学科中退。近現代史(GHQ占領下の政治・文化)の捏造史観に焦点を絞り、テレビ・新聞報道の反証を一次資料に基づき調査研究する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。