イラスト図解 古事記―神がみの物語

電子版価格
¥1,699
  • 電書あり

イラスト図解 古事記―神がみの物語

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 47p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784569687797
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8093

内容説明

名場面のイラストとともに、日本の神話を平易に解説。

目次

大地の誕生といのちの始まり/天の浮橋
イザナキ・イザナミ/イザナミの死/黄泉の国へ行くイザナキ
追われ逃げるイザナキ/アマテラス誕生
猛り狂うスサノヲ/向き立つ姉と弟
天の岩屋に篭もったアマテラス
「解説」アマテラスとスサノヲ/「解説」天の岩屋に集まった神がみ/天の岩屋の神がみ
出雲の国へ/クシナダヒメの家/ヤマタノヲロチ/「解説」三種の神器
ヤマタノヲロチ
オホナムヂの冒険/ワニの背を渡るシロウサギ/傷を治すオホナムヂ/「解説」ウサギとワニ
死ぬオホナムヂ/木の国から根の国へ〔ほか〕

著者等紹介

三浦佑之[ミウラスケユキ]
1946年生まれ。千葉大学文学部教授。日本の神話や昔話を研究している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

pino

116
絵本で「古事記」です!お爺さんの語り口調で書かれた文章は、親しみやすく、迫力満点のイラストは、臨場感あふれ、ドラマチックな神話にピッタリでした。また、図解というだけあって、子供が目で見ても楽しめる工夫がされています。「天の岩屋」「イナバの白うさぎ」「ヤマタノオロチ」「海彦・山彦」の話も載っています。・・高校の倫社の授業で「混沌」という言葉が出てきた時、真っ先に浮かんだのは、ゆらゆらした高天の原です。小学生の頃、苦戦しながら読んだ子供向け「古事記」の一場面が、ひとっ飛びに、よみがえりました。読書ってすごい!2012/12/04

joyjoy

6
ヤマタノオロチなど出雲神話にはわりと親しんできたのだが、娘に「古事記って?」と聞かれると、言葉に詰まる。で、図書館でやさしそうな古事記の本を借りて読んでみた。因幡の白兎に、海幸彦山幸彦、あれもこれも古事記に書かれていたのだな。しかし国引きの話は古事記ではなかったようだ。ふるさとの神話、子どもの頃に読んだ本をまた読んでみたくなった。2022/08/06

小野靖貴

2
大学の教養科目のために読了。神話時代についての概説。著者は古事記研究の第一人者であり、三浦しをんさんの父である三浦佑之さん。文章だけではイメージしづらい神話世界をイラストと平易な説明で表現している。特にスサノヲノミコトやオホクニヌシのイラストや活躍ぶりが良い。難しい表現は極力排されているので、古事記入門編としてはかなりオススメできます。2014/08/05

takao

1
ふむ2021/01/06

楓糖

1
時々古事記の知識があったらなぁと思うことがあるが、なかなか触手が伸びない。名前が複雑で覚えるのがたいへん、話と話の繋がりもわかりにくそうだからだ。その点はかなり整理されている。しかしこのシリーズ、たった2冊しか出ていない。途中で頓挫したのか?もう1冊が十五少年漂流記とは、一体どんな品揃えにするつもりだったんだろう。2012/12/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/133846
  • ご注意事項