図で考えれば文章がうまくなる―「図解文章法」のすすめ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784569641386
  • NDC分類 816
  • Cコード C0034

内容説明

本書は、「よい文章を書きたいけれど、どうしたらよい文章を書けるようになるかがわからない」という人のために、『図解文章法』という新しい文章の書き方を提案するものである。

目次

第1章 「文章読本」は何を語ってきたか(谷崎潤一郎『文章読本』;清水幾太郎『論文の書き方』 ほか)
第2章 「文章読本」に足りなかったもの(文章の技術よりも先に学ぶべきこと;梅棹忠夫『知的生産の技術』が説いたこと ほか)
第3章 図解文章法(図から文章を書いてみよう;「図解」を「文章」にする方法 ほか)
第4章 実践:図解文章法(「小論文」;研究発表 ほか)
第5章 文章論・文章術と、文章法(文章論・文章術、そして文章法;文章の「中身」と文章の「書き方」の分離 ほか)

著者等紹介

久恒啓一[ヒサツネケイイチ]
宮城大学事業構想学部教授。昭和25年、大分県生まれ。九州大学法学部卒業。昭和48年、日本航空株式会社入社、ロンドン空港支店、客室本部労務担当等を経て、本社広報課長、サービス委員会事務局次長を歴任。ビジネスマン時代から「知的生産の技術」研究会(現在はNPO法人)に所属し、著作活動も展開。平成9年4月、新設の宮城大学教授に就任。学生とともに成長する教育者、地域とともに歩む研究者、県立大学教授としての社会貢献という3つのテーマで活発に活動している。NPO法人知的生産の技術研究会理事長。平成16年度より中国・吉林大学客員教授を兼務
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

<1>歴代「文章読本の名著」を図解で要約、ひと目でわかる!
<2>図で文章がスラスラ書ける、とっておきの方法を伝授!
→受験小論文、卒論から社会人の文章作法まで、この1冊で、文章の悩みはすべて解消!