• ポイントキャンペーン

PHP新書
新選組証言録―『史談会速記録』が語る真実

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 291p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569637181
  • NDC分類 210.58

内容説明

「近藤は実にえらい人物でありましたが…はなはだ恐怖の姿でありました」「沖田総司、これがまあ勇の一弟子で、(剣を)をなかなかよく遣いました」―新選組を語る上で欠かせないこれらの談話は、維新まで生き残った勤王浪士や元隊士らの証言集『史談会速記録』に拠るものである。そこには、新選組に決闘を挑んだ者、近藤勇の命を奪い損ねた者、戊辰戦争に従軍した者たちの鮮烈な記憶が刻み込まれている。彼らが見た隊士の実像とは?新選組研究の第一人者が、同時代人の目線から幕末動乱の真相を読み解く。

目次

上洛立志篇(石坂周造―新選組誕生のきっかけを作った浪士;中村維隆―近藤勇に対する辛辣な評価;俣野時中―同郷人が語る清河八郎の暗躍 ほか)
分裂決闘篇(秦林親―新選組から独立した御陵衛士;秦林親―油小路の決闘から戊辰戦争へ;阿部隆明―新選組で一番強かったのは誰か ほか)
北征奮闘篇(坂本柳佐―兵糧方が出会った土方歳三;田島応親―横浜の病院にやってきた近藤勇;人見寧―すれ違いに終わった両雄 ほか)

著者紹介

山村竜也[ヤマムラタツヤ]
1961年、東京都生まれ。中央大学卒業。作家、歴史家。幕末維新史を中心に日本史上の英雄たちの生涯を追い続ける。2004年NHK大河ドラマ「新選組!」の時代考証を担当

出版社内容情報

維新生存者の談話から新選組の実像に迫る。

近藤勇の人となりは? 沖田総司の剣の実力とは? 幕末維新生存者たちの談話をまとめた貴重な資料から新選組の実像が浮かび上がる。

「近藤は実にえらい人物でありましたが…はなはだ恐怖の姿でありました」「沖田総司、これがまあ勇の一弟子で、(剣を)なかなかよくつかいました」――新選組を語る上で欠かせないこれらの談話は、維新まで生き残った勤王の浪士や元隊士らの証言集『史談会速記録(しだんかいそっきろく)』に拠るものである。そこには、新選組に決闘を挑んだ者、近藤勇の命を奪い損ねた者、戊辰戦争に従軍した者たちの鮮烈な記憶が刻み込まれている。彼らが見た隊士たちの実像とは? 新選組研究の第一人者が、同時代人の目線から幕末動乱の真相を読み解く。

▼主な内容、
[上洛立志篇]同郷人が語る清河八郎の暗躍/新選組の士道にふれた会津藩士/力士が見た近藤勇の素顔 
[分裂決闘篇]新選組で一番強かったのは誰か/最後までだまし続けた斎藤一/近藤勇の正体を暴いた男 
[北征奮闘篇]兵糧方が出会った土方歳三/横浜の病院にやってきた近藤勇/大陸に渡り馬賊となったあの隊士

●上洛立志篇 
●分裂決闘篇 
●北征奮闘篇