勝つためにリーダーは何をなすべきか―中国古典の名言に学ぶ

電子版価格 ¥1,279
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

勝つためにリーダーは何をなすべきか―中国古典の名言に学ぶ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 285p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784569631677
  • NDC分類 159.8

内容説明

「孫子」「韓非子」「孟子」「老子」「史記」「十八史略」「三国志」、戦略・戦術のすべてがここにある。

目次

第1章 先見力を磨く
第2章 戦略を立てる
第3章 決断を誤らない
第4章 逆境を乗り切る
第5章 志を全うする
第6章 過失を遠ざける

著者紹介

守屋洋[モリヤヒロシ]
著述業、中国文学者。昭和7年、宮城県生まれ。東京都立大学大学院中国文学修士課程修了。現在、中国文学者として、著述、講演等で活躍中

出版社内容情報

勝たなければ、経営者としての資格はない。ますます混迷する現代において経営者は何をなすべきか? 中国古典をもとにその条件を探る。

「孫子」「韓非子」「孟子」「老子」「史記」「十八史略」「三国志」――。中国古典には現代に十分通用する戦略・戦術のすべてがつまっている。本書は、リ-ダーが勝つための条件として、(1)先見力を磨く(2)戦略を立てる(3)決断を誤らない(4)逆境を乗り切る(5)志を全うする(6)過失を遠ざける、の6ポイントをあげ、著者ならではの名言・名句の読み下し、さらにはその現代語解釈を取り上げながら、その言葉の奥にあるリーダーのための帝王学を探り出し、読者にわかりやすく説く。

▼不安な時代を生き抜くうえで、企業経営者は物事の本質がついつい見えなくなってしまう。走りつづけていないと死んでしまうのではないかという切迫感をもってしまう。しかしだからこそ、むやみに迷走するのではなく、一度踏みとどまって今何をなすべきなのかを考え、間違いない道をみつけていかなければならない。企業倫理が厳しく問われるなかで先人の残してくれた立派な伝統に学ぶものは多い。

●第1章 先見力を磨く 
●第2章 戦略を立てる 
●第3章 決断を誤らない 
●第4章 逆境を乗り切る 
●第5章 志を全うする 
●第6章 過失を遠ざける