リーダーの資質―混迷の時代にどう決断するか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 226p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784569616612
  • NDC分類 361.43
  • Cコード C0030

出版社内容情報

中坊公平等が21世紀のリーダー像を語る。

中坊公平、中曽根康弘、堺屋太一、大前研一、P・ケネディなど日米を代表する有識者が複雑・高速な社会でのリーダーの在り方を具体的に提言。

政治も経済も超高速・超複雑に変転する日本社会。リーダーとして決断するには何が必要か。

▼本書では日本を代表する経営者・稲盛和夫氏を中心に、元首相・中曽根康弘氏、リーダー論研究の世界的権威・ポール・ケネディ氏ら日米の有識者が、この時代に求められるリーダーの指導力と心構えを進言する。

▼稲盛氏は「リーダーは頭が良くて才能があり弁舌が立つ人より、常に深く物事を考える重厚な性格を持っている人の方が望ましい」と解く。中曽根氏は「歴史観と宗教性を持った、人間的権威がある人物が指導者としてふさわしい。また、目測力と結合力、説得力を発揮できねばならない」と論じる。米国有数のシンクタンク・CSISの創設者であるD・アブシャイア氏は「21世紀は変革型のリーダーが全世界で注目されるだろう」と述べる。

▼期せずして日米両国で、信念を持ち変革を求める「強いリーダー」が出て来た今、改めて指導者の条件を問う力作。

●序章 21世紀のリーダーシップ 
●第1章 リーダーを生み出す社会的条件 
●第2章 政治におけるリーダーのあり方 
●第3章 理想とするリーダー 
●終章 歴史から考える21世紀のリーダー像

内容説明

本書は、二〇〇一年二月二十八日、三月一日の両日に稲盛財団と戦略国際問題研究所(CSIS)および大統領学研究センター(CSP)の共催で行われた「日米リーダーシップ会議~いま問われるリーダーシップ~」の講演を中心にまとめたものである。

目次

序章 二十一世紀のリーダーシップ
第1章 リーダーを生み出す社会的条件
第2章 政治におけるリーダーのあり方
第3章 理想とするリーダー像
終章 歴史から考える二十一世紀のリーダー像

著者等紹介

稲盛和夫[イナモリカズオ]
京セラ名誉会長。稲盛財団理事長。1932年鹿児島県生まれ。1959年に設立した京都セラミツク株式会社(現京セラ)を世界有数の優良企業に育て上げた。1984年には電気通信事業の自由化に即応し、DDI(現KDDI)を設立。また、同年私財を投じて稲盛財団を設立するとともに、国際賞「京都賞」を創設し、毎年人類社会の発展に功績のあった人々を顕彰している。経営者の育成にも熱心で、氏の主宰する経営塾「盛和塾」の塾生は3000名を超える
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

togi

0
いまいち言いたいことがわからない内容でした・・・ 偉い人がいっぱい出てきますが、それぞれ言いたいことを言ってるだけで、内容がまとまってない気がしました。2014/02/12

ishiz68

0
人格が大事って、その人格をどう形成するかが問題だよね。2013/03/03

topogigio

0
★3.22020/06/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17639

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。