PHP新書<br> ケインズの予言 - 幻想のグローバル資本主義下

電子版価格 ¥600
  • 電書あり

PHP新書
ケインズの予言 - 幻想のグローバル資本主義下

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 222p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569606750
  • NDC分類 332.06
  • Cコード C0230

出版社内容情報

  グローバリズムとナショナル・エコノミーの対立を警告したもう一人の経済学者、J・M・ケインズ。その現代的意義を独自の視点で再検証。  「大きな政府」がもたらす非効率的な経済ゆえに、もはや破綻したとまでいわれるケインズ主義。しかし、ケインズが自由な市場競争主義を批判したのは、確かな基礎を持たないグローバル経済への危機感からであったと、著者はいう。また、豊かさの中の停滞と退屈が人間を衰弱させるという、今から70年近くも前の彼の「不吉な予言」は、「自立した個人」が「経済の奴隷」と化しつつあるこの世紀末の世界で、きわめてリアリティを帯びつつある。今、われわれがケインズから学べることは何だろうか? 本書の目次は以下の通り。 ●序章 凋落したケインズ ●第1章 国民経済主義者ケインズ ●第2章 「確かなもの」への模索 ●第3章 グローバリズムの幻想 ●第4章 隷従への新たな道 ●第5章 「没落」という名の建設。 アダム・スミス、ケインズという両巨人の思想を読み直し、グローバリズムへの幻想の超克と、新たな社会秩序の可能性を論考する意欲作の下巻。  ●序章 凋落したケインズ ●第1章 国民経済主義者ケインズ ●第2章 「確かなもの」への模索 ●第3章 グローバリズムの幻想  ●第4章 隷従への新たな道 ●第5章 「没落」という名の建設