PHP文庫
「自分がない症候群」の恐怖―不安な社会を生み出す日本人の“シゾフレ化”とは

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 289p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784569576572
  • NDC分類 493.76
  • Cコード C0130

出版社内容情報

日本の若者を包む“自分がない”症候群!

“自分がない”症候群が、日本の若者を包みこんでいる――誰も気づかなかった若者像の変化に、いち早く警鐘を鳴らした名著。

以前は稀であった、「異常な大ヒット現象」が、ここ数年はなぜ頻発するようになったのだろうか。皆が「浜崎あゆみ」、「千と千尋の神隠し」、「ハリー・ポッター」など、流行っているものに同調してゆく。皆、「自分がない症候群」だ。このようなことをきっかけに、著者は、日本人の(特に若い世代の)精神構造の変質を読み取り、これを、「日本人のシゾフレ化」と定義する。シゾフレとは、精神科的に言えば分裂病型のパーソナリティーのことである。そして、“周囲の人と同じような自分”を志向し、そうでないと不安で仕方がない人々が増殖すると、どのような社会が生み出されるかを解明しようとするのが、本書の趣旨だ。気鋭の精神科医である著者が、この視点からかいまみた社会とはいかなるものか。読むと未来が恐ろしげにも見えてくる力作評論である。

●序章 『シゾフレ日本人』のその後 
●第1章 シゾフレ人間シンドローム 
●第2章 シゾフレ人間時代の対人関係考 
●第3章 みんなと同じ防衛から始まるシゾイド的引きこもり 
●第4章 『周囲が怖い』と魔術的願望が同居するパラノイド不安の時代 
●第5章 自分のなさと自明性の喪失が現代人の行動を規定する 
●第6章 シゾフレ人間とパーヴァージョン(性的倒錯) 
●第7章 メランコ人間時代の終焉と頑張れない日本人 

内容説明

“周囲の人と同じような自分”でなければ不安でしかたがない…そういう若者が、急激に増殖している。それは、今までにない異常な大ヒット現象を生み出す一方、いじめなどの社会不安の増加をもたらした。さらに彼らの、「カリスマを求めてしまう心性」は、社会をファシズムに走らせる危険性もはらんで来ている。現代日本社会に潜む精神の問題を、気鋭の精神科医が分析。

目次

序章 『シゾフレ日本人』のその後
第1章 シゾフレ人間シンドローム
第2章 シゾフレ人間時代の対人関係考
第3章 みんなと同じ防衛から始まるシゾイド的引きこもり
第4章 「周囲が怖い」と魔術的願望が同居するパラノイド不安の時代
第5章 自分のなさと自明性の喪失が現代人の行動を規定する
第6章 シゾフレ人間とパーヴァージョン(性的倒錯)
第7章 メランコ人間時代の終焉と頑張れない日本人

著者等紹介

和田秀樹[ワダヒデキ]
1960年大阪府生まれ。東京大学付属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローを経て、現在、川崎幸病院精神科顧問。東北大学医学部非常勤講師(老年内科)、一橋大学経済学部非常勤講師(現代経済学)、緑鉄受験指導ゼミナール代表
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆずポン

0
私は現在27歳のゆとり世代であるのですが今の職場の上司との関係が、本書で書かれているメランコ人間とシゾフレ人間のそれと同じような状況であることが読んでいて面白かったです。2014/09/22

†はるゆき†

0
日本が平和になった証…なのかしら(´・ω・`)2012/11/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/489909
  • ご注意事項