道をひらく

個数:
電子版価格 ¥850
  • 電書あり

道をひらく

  • ウェブストアに302冊在庫がございます。(2022年07月05日 06時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A6判/ページ数 271p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784569534077
  • NDC分類 159
  • Cコード C0012

出版社内容情報

運命を切りひらくために。日々を新鮮な心で迎えるために――。人生への深い洞察をもとに綴った短編随筆集。40年以上にわたって読み継がれる、発行520万部超のロングセラー。

昭和43年の発刊以来、累計520万部を超え、いまなお読み継がれる驚異のロングセラー『道をひらく』。本書は、松下幸之助が自分の体験と人生に対する深い洞察をもとに綴った短編随想集である。これまで、どれほど多くの人が本書に勇気づけられ、また成功への指針としてきたことか。この本には、時代を超えて生き続ける不変の真理があるからである。

 もし失敗して落ち込んでいるのならば、「自信を失ったときに」「困難にぶつかったときに」「運命を切りひらくために」の項が、きっと立ち直る勇気を与えてくれるだろう。もし、経営で行き詰まってしまったら、「仕事をより向上させるために」「事業をよりよく伸ばすために」「みずから決断を下すときに」の項が、解決の方途を示してくれるはずである。

 事業の成功者であり、それ以上に人生の成功者である松下幸之助であればこそ、その言葉には千鈞の重みがある。あらゆる年代、職種の人に役立つ、永遠の座右の書である。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

374
著者は現在のパナソニック創業者。流石に戦後最大のベストセラーと言われるだけあって一言一言が重みを持ってるように感じた。今の指導者にあたる人も本書をもっと読むべきだなと思う。2015/02/14

やすらぎ

209
熱意なき人は描ける餅の如し。人生の道を進むとき、立ち止まるとき、振り返るとき、繰り返し読みたい言葉。心の底からなぜか意欲が湧いてくる。強さ優しさ趣深さ、日々の慌ただしさにも忘れることのできない、向かうべき道がそこにある。辛抱強く根気よく、謙虚に耳を傾ける。一歩一歩成就する。求める心が切であればいい。いかに望もうと、春が来なければ桜は咲かぬ。しかし冬が来れば春はまた近い。静かに待つ人に暖かい光は注ぐのである。悲嘆のなかから人生の深さを知り、窮境に立ってはじめて世間の味わいを学ぶ。一陽来復。尊い生き方である。2022/02/08

ユーさん

155
「初心忘れるべからず」この一言で良いと思います。2016/04/01

真香

131
時代を超えて読み継がれている名著。もっと早くに読んでおくんだったな。自分が生まれる前の本だけど、全く古さを感じさせない内容で、人としてどうあるべきかとても勉強になった。どれも基本的なことだけど気付きが多くて、やっぱり謙虚さと素直さは大事なのだと再認識。身が引き締まる思いがした。若い方はもちろんのこと、中高年の方にも今一度原点に立ち返る意味で読んでいただきたいなと思う一冊。2019/06/15

パフちゃん@かのん変更

129
表紙が違いますが、手元にあるのは昭和43年5月発行、松下幸之助氏74歳の頃に出版されたもの(300円)である。見開き2ページに収められた121編の短文で構成されている。肩ひじ張らず、読みやすい平易な言葉で書かれている。どれも味わい深いものであるが最初の「道」と「くふうする生活」が特に心に響いた。2014/05/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/576222

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。